収納フック|ヘッドレスト取付タイプの評判【耐荷重5kg】

車用グッズ
座席に買い物袋を置いてたら、ブレーキやカーブで崩れるの何とかしたい

今回は、このような悩みを解消してくれる収納フックをご紹介します。

まず初めに、ナポレックスの車用収納フックは、ヘッドレストが抜けるタイプでないと使えないので、座席一体型の車には使えない事を伝えておきます。

実は同じような製品はダイソーなどでも販売していますが、明らかに耐久力が違います。

安物を購入して頻繁に買い替えたり、運転途中でぶっ飛ぶよりはマシかと。

ゆうて639円と1000円でお釣りが返って来る値段で、現在はセール中で424円で販売中。

荷物を座席によく置く方は、ぜひお試しください。

ナポレックス収納フックの評判・口コミ

ナポレックス収納フックの評判・口コミ

引用:Amazon

ナポレックス収納フックのAmazonレビューは1961個の評価で星5中4と、なかなかの高評価。

ではレビューの中身を見てみましょう。(以下、Amazonより抜粋)

ナポレックス収納フックの批判的レビュー

ナポレックス収納フックの批判的レビュー

引用:Amazon

  • 経年劣化でベルト部分がボロボロになった
  • 1年くらいで劣化してベルトがちぎれる
  • 運転中にクルクル動いてしまってウザったい
  • ヘッドレストの支柱が太いタイプには使えない

100均の製品より耐久力はある、といっても3桁で買えるだけあって、バリバリ使い倒せるだけの耐久力はないのかもしれません。

フックの内径

引用:Amazon

フックの内径は13.4mmなので一般的な支柱なら入ります。

ナポレックス収納フックの肯定的レビュー

ナポレックス収納フックの肯定的レビュー

引用:Amazon

  • 荷物を掛けるフックの位置が調整できて使い勝手が良い
  • 長さが調整できる点で、少し割高だけどオススメ品
  • 色が一色しかないけど、手放せない
  • ファストフード店でドリンクを買った時なんか重宝する
  • 引っ掛けるだけじゃなくて持ち手をロックできるので、安心

期待通りの性能は発揮してくれているようです。

荷物を引っかけておくことで、急ブレーキや急カーブで荷物が崩れる事がなくなった。というレビューが多いですね。

荷物が崩れる事がなくなった

引用:Amazon

中にはフックではなくミッキーのアームフックやボールフックを使っている人も居ました。

後ろの座席の人が圧迫感を感じるかもしれませんが、ベルトタイプよりは頑丈そうです。(その分、高いですが)


他にも姉妹商品が多数あるので、ご覧ください。

ナポレックス収納フックの注意点

ナポレックス収納フックの注意点

引用:Amazon

最初に注意したように、ヘッドレストが座席から抜けないタイプには使えません。

ヘッドレストが抜ける場合は、抜いてから

ナポレックス収納フックは耐荷重5㎏あるだけに、フック部分は硬くできています。

なのでヘッドレストを抜かずに、フックを掛けようとするとハマらない場合があります。

そういう時は無理に押し込まず、ヘッドレストを完全に抜いてから差し込みましょう。

使わない時は邪魔にならないように

フックを使用しない時は、座席の後ろ側に回すと良いです。

くるくる動く場合はヘッドレストを下まで降ろしましょう。

重さ制限は守って

仕様で5kgまで耐えられますが、限界挑戦はやめとくように。(笑)

ヘッドレストの支柱が折れる事は無いと思いますが、フックが壊れる可能性があります。

あまり無茶な事はしないように。

ナポレックス収納フック:ベルトタイプの仕様

ナポレックス収納フック:ベルトタイプの仕様

引用:Amazon

項目 内容
大きさ 78×50×155cm
重さ 50g
耐荷重 5kg
フック径 13.4mm
フック数 2
ベルト調整

収納フック姉妹商品

引用:Amazon

ナポレックス収納フックには、他にもタイプの違う製品があります。

同一社の製品で、商品ページから選ぶ事が出来ます。ボールやミッキーの腕のフックタイプは、少々高いですが頑丈さは確かです。その代わり、邪魔になります。

今回紹介したベルトタイプは、多少頑丈さに難ありですが十分使えるので、それぞれの事情に合わせて検討してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました