【最強のコスパ】失敗しないオススメのワイヤレスイヤホン(iPhone/Android対応)

生活環境改善グッズ
ワイヤレスイヤホンって興味あるんだけど、高いよね。でも安すぎると壊れそうで心配だから手が出せてない。

そんな人にピッタリのワイヤレスイヤホンがありました。

Ankerのワイヤレスイヤホンは、コスパ最強。品質が良いのに他社製品よりも安く手に入るので、初めてワイヤレスイヤホンを買う人にとっては最適の品物です。

ワイヤレスイヤホンは、安くても3,000円くらいから。高いと3万円まで。幅が広すぎて、どれが良いのか分からん!となるかと思います。

高いのは最初から選ぶ気になれないし、安いとすぐ壊れるんじゃないかと不安。

なので中間の値段帯。だけど世界的に名前の知られてるメーカーであるAnker。Ankerなら安くてそこそこ良いワイヤレスイヤホンが手に入ります。

Ankerワイヤレスイヤホンのメリットとデメリット

Ankerワイヤレスイヤホンのメリットとデメリット

引用:Amazon

Ankerのワイヤレスイヤホンは評判高いですが、悪い所が全くないって事はなくて不満を持ってる方も居ました。

なのでまずは、デメリットから紹介します。

Ankerワイヤレスイヤホンのデメリット

  • ケースに少し入れづらい
  • 初期設定のままだと、音が微妙
  • 遮音性が高すぎて、道端で使うのが怖い

設定変更

引用:Amazon

初期設定の状態だと、高音がキンキンするというような口コミがありました。

この点は、設定変更で改善できます。

遮音性がかなり高いので、周りの雑音が入らないのはメリットなんですけど、あまりにも周りの音を防ぐんで両耳を塞いで道を歩くのは危険です。

くだらない事で怪我するのはアホらしいんで、せめて道を歩く時は片耳だけにしておきましょう。

片耳

引用:Amazon

Ankerワイヤレスイヤホンのメリット

  • バッテリーが長持ち
  • 重低音がしっかりしてる
  • 遮音性が高い

Ankerはバッテリー屋さんなんで、Ankerの製品は他社と比べてバッテリーの性能が高いです。

使い方次第ですが、1週間に1度の充電でも間に合います。

先ほども紹介したように、遮音性が高いので電車の中で使う時に威力を発揮。周りに音漏れしないし、電車の走行音が耳に届きません。

Ankerの評判は

Ankerは中国に本社を置いてる会社ですが、Google本社で働いていたエンジニアが作った会社です。

高品質で手頃な価格のノートパソコン用バッテリーを提供するために作ったと言われていて、今やバッテリー部門ではAnkerを選んでおけば間違いない、と言われてます。

今回紹介のワイヤレスイヤホンもバッテリー性能に優れていて、最大28時間再生が可能。

1日で2時間使うとしても、単純計算で2週間に1度の充電で使い続けられますね。

バッテリーも消耗品なんで、いつまでも長時間使えるワケじゃないですが、充電回数が少なくても済むのは手間が省けますね。

ワイヤレスイヤホンの値段帯

よく知らないような所で、セール品だと3,000円くらいで。

AppleやSONYといった大手だと安くても15,000円くらいから。高いと3万円くらいします。

Ankerは正規品でも7,000円~8,000円くらいなので、中間ですね。

それでも高いよなぁ

確かに今まで普通のイヤホンを使って来た人からすれば、2~3倍の値段なんで高いかと思います。

ですが、通常のイヤホンはコードの断線。接触面の不良を想定して、安く売られてます。

ワイヤレスイヤホンはコードなし、接触不良なしなので通常のイヤホンと比べたら使えなくなる原因の2つが全く起こりません。

つまりワイヤレスイヤホンはコードイヤホンより壊れづらいのが特徴です。その分値段が高くなるのは仕方がないんですよね。

安いので試そうと思ってるんだけど

安いワイヤレスイヤホンを買うと、音質がクソだったり対応機種が少なかったり、無線通信の性能が良くない。電話できないとか、イヤホンでコントロールできないとか・・・

安い製品は、その分不便な事が増えます。安いワイヤレスイヤホンを買うくらいなら、ワイヤーイヤホンを買う方がまだマシ。

ワイヤレスイヤホンはケチった所で結局お金の無駄なんで、安くても7~8千円くらいのものを買った方がワイヤレスイヤホンの良さが分かりますよ。

通勤中に音楽を聴く事による効果

通勤中に音楽を聴く事による効果

引用:Amazon

ワイヤレスイヤホンを購入した後、試してみてほしいのが通勤中に音楽をガンガン聴く事です。

なぜかというと、音楽を仕事前の通勤中に聴く事で仕事のパフォーマンスが上がると言われてるから。

普通のイヤホンでよくね?

普通のイヤホンだとコードが絡まるし、すぐ壊れるし・・・と割りと何回も買い替えなきゃいけないんで、ワイヤレスイヤホンの方が相対的に節約になりますよ。

音楽を使った集中力の上げ方

音楽を使って集中力を上げる時は、作業中に音楽を聴く事ではないです。

むしろ音楽を聴きながら作業をすると、能率が下がるという実験結果が出ています。

ウェールズ大学の研究で、参加者を3グループに分けて認知テスト。

  • 好きな曲を聴きながらテスト
  • 嫌いな曲を聴きながらテスト
  • 無音でテスト

無音でテストしたグループが圧勝していて、音楽を聴いてるグループはスコアが約50%低かったそうです。

結論、音楽は作業中に聴くのは良くないです。しかし、作業前に聴くと効果があります。

音楽は作業や仕事をする10~15分くらい前から聴いて、テンションを上げてから仕事に取り掛かるとかなり違います。

好きな音楽を聴くと、脳はドーパミンを出すそうです。

ドーパミンとは快楽を感じる脳内物質で、アルコールや麻薬、セックスなどによって出て来ます。

参考:厚生労働省 e-ヘルスネット

気分を高揚させてスイッチを入れ、その勢いで仕事に取り掛かかる事で、テンポ良く仕事に入れますよ。

音楽で集中力やアイディアのコントロール

仕事中や作業中に音楽を聴く事はオススメされてません。

しかし、自然の音を聴くと集中力が適度に維持される事が分かってます。

あまりにも集中しすぎて疲れる人は、ぜひ山や川。海の音を聴きながら作業してみてください。

【自然の音と4K 映像】円原川の川霧と光芒 | 渓流の音 ヒグラシの鳴き声 5時間

逆に、新しい事を思い付かないといけないって時には聞いた事が無い音楽や、ハードロックとかの激しい曲を聴くと降って来ると言われてます。

音楽で通勤によるダメージを軽減

通勤時間は長ければ長いほど、生活に影響を及ぼす事が分かってます。

  • 睡眠時間が減る
  • 仕事のパフォーマンス低下
  • 給料が上がりづらくなる
  • 寿命が縮む
  • 肥満になりやすくなる

参考:ハーバードビジネススクール・ワーキングペーパー

対策法としては、通勤時間をできるだけ無駄にしないって事です。

できれば、その日の仕事の計画を立てたり、仕事をする上でトラブルが起こりそうな事を事前に想定しておくとか。

仕事能率アップ

引用:Amazon

まとめ:Ankerワイヤレスイヤホンで快適な音楽ライフ

通勤時間中に音楽を聴く事で、仕事の能率が上がる切欠が出来ます。

仕事がだるい。給料上げたい。と感じているなら、すぐ変えられる通勤スタイルから変えてみてはいかがでしょうか。

充電もワイヤレスで出来ます。

充電もワイヤレス

引用:Amazon

別売りの付属品はこちら↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました