【針なし】ホッチキス(ステープラー)の口コミ・評判

職場で使える便利グッズ
ホチキスっていちいち針を補充しなきゃいけないし、外す時大変なんだよね。

今回は、そんな悩みを解決してくれる針なしのステープラー(ホッチキス)を紹介します。

針なしで留まるステープラーは芯不要。ゴミも出ません。

まずどうやって紙を閉じているのか、説明します。

針なしホッチキスの特徴

針なしホッチキスの特徴

引用:Amazon

針なしホッチキスは、ギザギザの部分で紙を圧着しています。

意外と簡単に外れないようになってます。

ですが、用紙の種類によっては綴じられない事もあります。

通常のコピー用紙で、多くても5枚までなら使えますよ。

買う程のメリットはあるのか?

特に飲食などを扱う店、会社では使うメリットがあります。

  • 針混入の心配がない
  • 針を買う必要が無い(経費削減)
  • 針によるケガの心配がない

他にも、こんなメリットが

  • チラシにクーポンを添付する時
  • 介護施設や保育園で
  • 小さな子供が居るご家庭のプライベートに

参考:コクヨ・ハリナックスオススメ活用例

針なしステープラーと針ありの違い

針なしステープラーと針ありの違い

引用:Amazon

3つ違いがあります。

  • 穴が開かない
  • かさばらない
  • 外したい時にキレイに外せる

ホッチキスの針が無いので「白い紙に金属の針が目立つ」なんて事がゼロに。

多くの紙を綴じる事はできませんが、パッと見キレイに綴じれます。

コンパクトなホッチキス

コンパクトなホッチキス

引用:Amazon

圧着して留めるタイプだからゴツいのかと思いきや、コンパクトです。

一応片手でも使えますが、わりと握力を使います。

自信のない方はデスクの上に置いて、体重をかけて使って下さい。

【針なし】ホッチキス(ステープラー)の口コミ・評判

【針なし】ホッチキス(ステープラー)の口コミ・評判

引用:Amazon

針なしステープラーの評判は、まぁまぁのようです。

「これいい」と評価する人も居れば、「何か微妙」という人もそこそこ居ました。

針なしステープラーの肯定的なレビュー

  • レシートや領収書を閉じる時に重宝している
  • 厚みが増さなくて良い
  • 芯を買う必要がなくなってラク
  • 綴じたあとでも、こすれば簡単に取れるのが便利
  • 使い分けは必要だけど、あって損することは無い
  • 針が使えない飲食店では必需品
  • そのままシュレッダーにかけられる

芯を買う必要が無い。そのままシュレッダーにかけられる。

といった口コミが目立ちました。

ただ、大量の紙を綴じられないので、ハリナックスだけに頼るのは難しいですね。

針なしステープラーに対する不満

  • 閉じるのに力が必要
  • 5枚くらいまでしか使えないのが難点
  • 留め部分をもう少し奥にしてほしい

圧着するタイプなので、綴じるのにパワーが必要なのがデメリットです。

引用:Amazon

設計上、留める部分が端から近いのが気になる方も結構居ました。

コクヨ・ハリナックスプレスの仕様

コクヨ・ハリナックスプレスの仕様

引用:Amazon

針なしホッチキスの仕様表

項目 内容
とじ枚数 PPC用紙約5枚
製品色 青・緑・ピンク・白
とじ部寸法 1.6×10mm
とじ部の奥行 2.0mm
大きさ 幅34mm×長さ95mm×高さ85mm
材質
  • カバー:R-ABS
  • ストッパー:POM
  • 本体:スチール

まとめ:針なしステープラー(ホッチキス)の口コミ・評判

針なしステープラー(ホッチキス)の口コミ・評判

引用:Amazon

コクヨのハリナックスプレスは、あって損する事は無い品です。

針なしホッチキスの最大の特徴は

  • 穴が開かない
  • かさばらない
  • 外したい時にキレイに外せる

このハリナックスの特徴は、針ありの普通のホッチキスでは出来ない事です。

特に飲食を扱う会社や現場では重宝しますよ。

小さなお子さんが居るご家庭では、針の誤飲の危険がゼロになります。

ハリナックスプレスは職場だけでなく、プライベートでも使える製品ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました